横浜のがん専門クリニック

遺伝子検査でがんを予防

女性

横浜クリニックは、がん治療を専門に診療しています。このクリニックでは、抗がん剤治療のほかに免疫細胞療法併せて、がんの完治を目指します。横浜クリニックは、今後、がんの予防に注力していくと考えられます。がんは、先天的な要素が高い病気です。よって、遺伝子検査によって患者のDNAを分析すれば、将来がんになるリスクを把握できます。そうすれば、発症する前に適切な予防策を取れます。加えて、遺伝子検査では、がん以外にも陥りやすい疾患を把握できるメリットがあります。また、横浜クリニックでは、がんの治療に対する相談会や最新の治療法を案内する説明会を設けています。そして、がんに悩む人について正しい知識を提供しています。

再発の可能性が低い治療

がんの治療において横浜クリニックを選ぶことは、病気を確実に治癒させる工夫といえます。それによって、再発の可能性が低い治療を受けることができます。横浜クリニックでは、3つの免疫細胞療法を中心にケアを実施しています。1つめは、高活性化NK細胞療法です。これは、がん細胞を攻撃するNK細胞を抽出して増殖させた後に、体内に戻す治療法です。2つめは、樹状細胞療法です。この治療法は、樹状細胞がキラーT細胞に、がん細胞を攻撃するように指示させます。そして、徐々にがん細胞を小さくしていきます。3つめは、活性化自己リンパ球療法です。具体的な治療法は、免疫細胞を増殖させて体内に戻すことによって行います。これらの治療法は、いずれもがん細胞を死滅させて、元の健康な身体を取り戻せます。

Copyright ©2015 体調が優れないなと思ったら|自律神経失調症かもしれない All Rights Reserved.