がん細胞の情報を伝達する

樹状細胞

医者

私たちの体内では頻繁にがん細胞が誕生していると考えられています。がん細胞とは、様々な要因によって遺伝子がダメージを受け、見境なく増殖を繰り返すようになった細胞のことです。しかし、健康な状態であれば免疫機能が働いて、がん細胞は早期に除去されます。そしてこの免疫機能に関わっているものが、免疫細胞と呼ばれる複数の細胞群です。特にTリンパ球は、その他の免疫細胞をコントロールして、がん細胞の除去に大きな役割を果たしています。ところが、Tリンパ球ががん細胞を認識しないことには免疫機能を発揮することはできません。そして、Tリンパ球ががん細胞を認識するためには、樹状細胞が必要なのです。要するに、Tリンパ球に対して樹状細胞ががん細胞の情報を伝達するのです。

樹状細胞を活用した治療法

樹状細胞療法というがんの治療法が注目されつつあります。これは、名前の通り樹状細胞を活用した治療法のことです。樹状細胞療法を具体的に説明すると、がん患者から樹状細胞を取り出して試験管内で大量に培養します。その後、樹状細胞にがん患者から抽出したがん細胞の情報を与え、再びがん患者の体内に戻してやるのです。そうすることで、樹状細胞はそのがん細胞の情報をTリンパ球へスムーズに伝えることができ、免疫機能が活発化するのです。樹状細胞療法には副作用がなく、通院でも治療が可能です。さらには、転移しているがんでも治療できる可能性があることから、最近では多くのがん患者が樹状細胞療法を受けるようになり、今後も益々増加することが予想されます。

Copyright ©2015 体調が優れないなと思ったら|自律神経失調症かもしれない All Rights Reserved.