大腸粘膜の炎症による疾患

大腸粘膜の炎症による症状

病棟

大腸の粘膜に炎症が起こり、大腸内に潰瘍やびらんなどが発生している状態を「潰瘍性大腸炎」と言います。20代の若い人の発症が最も多いとされています。潰瘍性大腸炎は一旦完治しても、数年後に悪化した状態で再発することがあるのが特徴です。欧米人の発症率が高い実感ですが、近年日本人の発症率も急速に増加傾向にあるとされています。潰瘍性大腸炎の主な症状が、下痢、血便、腹痛などです。症状が進行していくと貧血、発熱、体重の減少などが現れることもあります。これらの症状が現れた場合に、放置せずにすぐに内科で検査を行いましょう。内科での検査は「大腸内視鏡検査」にて診断が出ます。また症状によっては、注腸造影検査や血液検査などが行われることもあります。

大腸の疾患の治療法

潰瘍性大腸炎の原因は現在明確にはされていません。大腸粘膜に対する体内の抗体の異常反応、食生活の欧米化、遺伝などの可能性が高いとされています。潰瘍性大腸炎はストレスにより悪化することは確かですが、ストレス自体が発症の原因ではないとされています。潰瘍性大腸炎の治療は薬物療法が基本となります。症状が重症の場合は入院の必要があり「ステロイド薬」が投与されます。入院中は絶食指示が出る場合が殆どです。これらの薬物療法で症状が改善しない場合、また一度治っても再発を頻繁に繰り返す場合には、大腸の摘出手術が選択されます。潰瘍性大腸炎は再発の可能性が高い病気ですので、完治後の予防として肉中心の食生活は避け、ストレス解消を心がけることが重要とされています。

Copyright ©2015 体調が優れないなと思ったら|自律神経失調症かもしれない All Rights Reserved.